シンプルに約束を守り、守らせることで労務トラブルは減らせます

教育・研修、就業規則、人事・労務管理制度を整備し直す必要性

人財=採用×教育×労働環境×社長力=業績です

・採用は能力以上に人物を重視する
・新入社員には入社直後に自覚を持たせる
・部下を持つ身になった社員のリーダーシップ訓練は必須

詳細はこちら

就業規則が規律と秩序ある組織にする

・就業規則を整備する
・就業規則を周知徹底する
・社長が率先して就業規則を守る

詳細はこちら

人事・労務管理制度が従業員満足度を生む

・公正に評価されるなら頑張る
・納得できるなら我慢する
・希望が見えるならついてくる

詳細はこちら

こんな社員とトラブルありませんか?
組織がうまく回らない、良い手立てが見つからないとお悩みの社長はこちら

たつみ社会保険労務士事務所が選ばれる3つの理由

(1)分かりやすく説明します!

例えば、規制が厳しくなるのは、その問題が社会的に深刻なことだと政治のレベルで評価されたからでしょう。
それは多分、同じ業界の他社でも起こり得る身近な問題なのかもしれません。

もしその問題を放置していたらどうなるか、規制強化が始まったら世の中がどう反応するか、それで御社にはどんな影響が出るのか、そんな流れで御社としてどう考えるべきかをイメージしていただきます。

もちろん、通達などに出てくる専門用語や言い回しの分かりにくさは平易な表現に置き換え、
ポイントを箇条書きにし、図解し、例を挙げて説明していきます。

規制強化は、何もしなければそれだけで向かい風になります。
そうではなく、追い風になるように知恵を絞りましょう。

(2)情報が早い!

最近は法改正や制度変更が頻繁に行われています。
このようなことに無頓着でいると、いつの間にか必要になっていた届出が遅れて入札に参加できなかったり、支給対象になっていた助成金をもらい損ねたりします。

たつみ社会保険労務士事務所は法案提出前の労働政策審議会での議論から法改正を睨み、
翌年度の厚生労働省の概算要求額をチェックして、いち早く労働政策のトレンドを掴んでいます。


それは具体的に、どんな助成金がもらいやすくなるかとか、
労働局・労基署の重点指導ポイントがかなり早期に分かるとかいった情報につながります。

つまり、情報を早く掴むことができれば状況変化の準備ができ、
他社より一歩先を制し、リスクを回避できたりするのです。

(3)提案します!

解決しなければならない問題や改善したい状況が目の前にあっても、
それをどう直していけばよいかがイメージできなければ、実行に向けて動きようがありません。

現状を分析し、問題点を浮き彫りにし、方向性を打ち出し、それにかかる人・時間・費用を勘案して実現可能な目標を立て、取り組みの全体像を見える形にして全社員に力を込めて協力を求めること。
それは社長一人で悩むことではありません。

社長のブレインとして、アドバイザーとして、サポーターとしてお役に立ちます。

ご挨拶

たつみの社労士、水本智(みずもと・さとし) こんにちは。たつみの社労士、水本智(みずもと・さとし)です。
社会保険労務士にはそれぞれに得意分野があります。

私の場合、開業以来、労務リスクの回避・軽減策について取り組んでいます。放っておいたら何か悪いことが起こる可能性がある。それが起こってしまったら致命的な損失が出る。そうならないようにするにはどうすればよいか。そんなことをいつも考えています。

「転ばぬ先の杖」とよく言いますが、経営は山あり谷ありの険しい道のりです。順調なうちから持ち歩く杖は心配性の方の無用なお荷物でしょうか。

私は社会保険・労働保険関係の帳簿や書類の作成、届出、給与計算といった、従来から社会保険労務士が独占的に扱ってきた仕事は積極的には取り組んでいません。
作業自体が一般社員の方にできる性質のものだからです。社会保険労務士にお金をかけてやらせなくても、自前でできることは自前でやるべきだと思います。

しかし、労務のリスク対策はそうはいきません。経営層でないと関与し決断できない事柄です。
労働法の正確な知識、最新の労働行政情報、トラブル解決と予防のノウハウを知る専門家としての社会保険労務士が経営トップの杖ならぬ懐刀として存在する意義は、そこにこそあると信じています。


社会保険労務士(登録番号13110330号、東京都社会保険労務士会)
第一種衛生管理者
ファイナンシャル・プランナー(AFP)
昭和38年生 北海道室蘭市出身 小樽商科大学卒業

何事もお話ししてみなければ分かりません

まずはお気軽にご連絡ください

お電話・メールにてお問い合わせ

とにかくお話を伺います

無料相談

ご契約されるか否かは後で結構です

委任

従業員とのトラブル、就業規則の見直し、時間管理による人件費抑制など、いわゆる労務管理について、何かいい方法はないものかと知恵をお探しの方は、とりあえず電話かメールでご連絡ください。

たつみ社会保険労務士事務所は、まずお話を伺うところからスタートします。ご連絡を頂いた上で当事務所まで足をお運びいただくか、ご都合のよろしいところへお話を伺いにまいります。

ご相談されたからといって必ず契約しなければならないものではありませんので、どうぞお気軽にご連絡ください。

職務上知りえた秘密は厳守いたします。

どんなお悩みでもお気軽にご相談下さい!

たつみ社会保険労務士事務所03-6457-0744