たつみの自習室

2013年5月25日 土曜日

就業規則 仮眠時間

こんにちは。江東区のたつみ社会保険労務士事務所代表、水本です。

例えば医療機関の場合、病院に限らず小規模の診療所においても、主に産科婦人科が該当するかと思いますが、入院施設を持っているところがあります。

こうした入院施設では看護職は昼夜の2交代勤務または3交代勤務を行っていますが、夜間の勤務シフトの場合、勤務時間が例えば15時間などになっていることがあります。

この15時間は、その全てが患者対応に追われているわけではなく、仮眠時間を含んでいます。さて、この仮眠時間は労働時間としてカウントしなければならないでしょうか。それとも、給料に反映しない休憩時間でしょうか。

答えは、労働時間です。

この仮眠時間は、院長(使用者)の指揮命令下から完全に解放されているわけではありません。突発的な事態が起こればすぐに対応しなければならず、少なからず緊張感を持って仮眠することになります。

従って、労働時間としてカウントすべき時間となります。

この他、比較的規模の大きい医療機関では、通常の診療時間が終わってから関係者が集まり「業務改善委員会」や「ヒヤリハット対策研究会」などといった話し合いがもたれることがあったりします。

こういった活動では、参加する職員が指名されていたり、参加しなければ不利益な扱いをされることがあります。つまり、活動の参加は強制的なものであり、院長の指揮命令下にあると認められます。

従って、やはり、労働時間としてカウントすべき時間となります。


投稿者 たつみ社会保険労務士事務所 水本智

たつみ社会保険労務士事務所03-6317-8365