たつみの自習室

2013年6月14日 金曜日

就業規則 給与は何に対して支払われるのか

こんにちは。江東区のたつみ社会保険労務士事務所代表、水本です。

労働契約という、そもそも論ですが、「給与」は「労働の対価」です。

労働しなければ給与は支払われません。会社に籍を置いていれば支払われるというものではありません。

給与は、会社の指揮命令に従って労働し、その対価として受け取ることができるものである、という原則を就業規則に載せておくのは、経営側にとっても労働者側にとっても意味のあることではないかと思います。

裁判での判断や行政指導では、現実に会社にいて仕事をしていた時間に対しては賃金を支払うように言われますから、命令・指示に基づかない自主的な居残り残業は禁止し、仮に社内にいたとしても勤務していたものとは認めないというルールを明確にしておくとよいと思います。

ただ、命令・指示されたことをやるのが労働となると、言われたことだけやればいいとか、言われたこと以外やってもお金にならないとかいった発想につながりかねないと思います。しかし、それでは創造的なモノやサービスは生まれないはずで、それで業績が向上するとは思えません。

経営が目指すものは、所定労働時間内に業務を終わらせ、それでいてよい成果を出すことです。会社にいた「時間」に対しての給与という認識が職員の中で当たり前になると、まともに仕事をしなくなります。ダラダラ残業で給与を稼ぐ職員よりも所定の時間で立派な成果を出した職員の方が報われる給与体系、人事制度が会社発展には重要だということですね。








投稿者 たつみ社会保険労務士事務所 水本智

たつみ社会保険労務士事務所03-6317-8365