たつみの自習室

2013年7月 3日 水曜日

労働行政 労働基準監督官

こんにちは。江東区のたつみ社会保険労務士事務所代表、水本です。

労働基準監督官は厚生労働省の労働基準監督官試験に合格した国家公務員です。

少なくとも都道府県労働局の局長や労働基準監督署の所長は労働基準監督官です。

全国で労働基準監督署が321あって、監督官が3100人くらいですから、平均すると署に10人もいない勘定です。

労働基準法には監督官の権限が規定されていて、労働基準法違反の罪については司法警察官の職務を行います。

事業場に立ち入り、帳簿や書類を提出させ、社長や従業員に尋問する権限が与えられています。

法違反に対してはほとんど注意、指導、是正勧告で止まりますが、違反がひどく悪質な場合には検察に書類送検することもできる立場にあります(実際に逮捕して身柄送検することはありません。署に留置施設はありません)。

監督官が会社に調査に来たら、誠実に対応しなければなりません。何か言われたのに放ったらかしにしたり、拒否したりすると、重大な結果を招くことになります。


投稿者 たつみ社会保険労務士事務所 水本智

たつみ社会保険労務士事務所03-6317-8365