たつみのトピックス

2014年3月12日 水曜日

岐阜県職員自殺 「パワハラと過重労働が原因」と遺族が県を提訴

岐阜県庁に勤務する30代の男性職員が昨年1月に自殺したのは上司のパワーハラスメントや過重労働が原因だったとして、男性の妻ら遺族が2月24日、県に約1億円の損害賠償を求める訴えを岐阜地裁に起こしました。

遺族側弁護士によると、県は責任を認めず、上司2人の処分などの再発防止策も講じていないとしています。

訴状によると、男性は2012年4月から県施設の新設に関する業務を担当するようになると、秋ごろから体調不良を訴え、11月に上司ら3人と個室に移るとさらに症状が悪化し、翌年1月に自宅で自殺しました。

遺族は、鍵の貸出簿やパソコンの電源を切った時間などから、男性は亡くなる直前の12年8~12月に月100時間超の残業をしていたことを主張し、昨年5月に公務災害認定を申請しました。


投稿者 たつみ社会保険労務士事務所 水本智

たつみ社会保険労務士事務所03-6317-8365