たつみのトピックス

2014年4月19日 土曜日

リサイクル工場周辺で石綿被害、10人死亡―大阪府堺市

アスベスト運搬に使用されていた麻袋のリサイクル工場(大阪府堺市)の周辺で、労働者や近隣の住民10人が中皮腫などで死亡していたことが石綿被害者の支援団体の関西労働者安全センターと「中皮腫・アスベスト疾患・患者と家族の会」の調べで分かりました。

死亡した10人は、堺市内で1970年代頃まで操業していた5か所のリサイクル工場の労働者8人と近隣住民の2人で、うち7人が中皮腫、2人が肺がん、1人が石綿肺で全員が労災認定されるなどし、石綿による被害が確認されています。

麻袋の中にはアスベストの運搬に使われていたものが含まれており、作業工程でアスベストが飛散していたとみられています。

5か所のリサイクル工場のうち、4カ所は既に閉鎖し、残る1カ所も現在はアスベストを扱っていませんが、関西労働者安全センターは被害が現在も潜在していることを懸念しており、堺市に実態把握を要望しています。

投稿者 たつみ社会保険労務士事務所 水本智 | 記事URL

2014年4月19日 土曜日

JFEスチール 介護・育児を理由に退職した社員を再雇用する新制度導入

JFEスチールは、育児や介護などを理由に退職した社員を再雇用する新制度「キャリア・サポート制度」を4月から導入しました。

同社は、事務系総合職を中心に女性の採用を増やしており、新制度で出産などを機に退職した社員の復職を促し、即戦力を確保していくことを狙っています。

復職の対象は退職後5年以内の社員で、退職する際に復帰の意思を示しておけば会社側が随時、空きポストを紹介します。

復帰後の1年間は嘱託社員とし、その後は退職時と同じ待遇に戻すとしています。

これまで鉄鋼業界では男性が主体でしたが、同社では事務系総合職のうち3~4割は女性を採用する目標を掲げており、2014年春の事務系総合職の新入社員35人中女性を10人採用しています。

再雇用と併せて認可外保育所を対象に保育料を補助する制度も新設し、増加する若手女性社員の柔軟なキャリア選択を支援する方針です。

投稿者 たつみ社会保険労務士事務所 水本智 | 記事URL

2014年4月19日 土曜日

建設業での外国人労働者受け入れ拡大 政府決定

政府は4月4日、建設業界での外国人労働者の受け入れ拡大に関する緊急措置を決定しました。

具体的には、東京オリンピック関連や震災復興について、施設建設やインフラ整備などで人手が不足する2020年までの措置となっており、建設分野での技能実習を終えた外国人に対し、その後も建設業への従事を認めるということを来年度より行います。

期間は実習後2年間、また、本国に帰国した外国人を呼び戻すことも可能で、帰国後1年以上経って再入国する場合、期間は最大3年となります。

投稿者 たつみ社会保険労務士事務所 水本智 | 記事URL

たつみ社会保険労務士事務所03-6317-8365