たつみの自習室

2013年12月 7日 土曜日

労働時間 手待ち時間は労働時間

こんにちは。江東区のたつみ社会保険労務士事務所代表、水本です。

法律上、労働時間というのは、労働者が使用者の指揮監督下に置かれている状態の全ての時間をいいます。

それは、会社として〇〇の作業をせよという指示があってもなくても、指揮監督下から完全に解放されていなければ労働時間として扱われます。

「指示がなくても」というのが注意点です。

習慣的に、誰も何も言わなくても、そうすることになっている、という仕事もありますでしょう。

会社がいくら「そんな作業は指示していない。従業員が勝手にやったことだ。その時間の賃金は払わなくていいはずだ。」と言っても、ダメなのです。

仕事として、会社と従業員に共通した暗黙の了解があってやっている作業は「労働」です。

では、手待ち時間はどうでしょう。

手待ち時間とは、何の作業もしていない状態だけれども、会社としての指示によって一定の拘束を受け、作業のために待機している時間をいいます。

この場合「会社の指示」とはいっても「黙示の指示」ということかもしれません。

とにかく、お呼びがかかるまで、することは何もありません。

雑誌や漫画を読んでいても、スマホでゲームしていても、長椅子に寝転がっていても構いません。

が、いつ声がかかって作業に入らなければならないかは分かりません。

出番がきたら、作業です。

こういう「待ち」の状態の時間は、労働時間とされます。

それは、指揮監督下から完全に解放されていない時間だからです。

典型的な業種は運輸・倉庫関連で、意欲と能力のある人をきちんと処遇する賃金制度にするには工夫が必要な職業と言われています。

投稿者 たつみ社会保険労務士事務所 水本智 | 記事URL

2013年12月 1日 日曜日

労働時間 法定労働時間の特例

こんにちは。江東区のたつみ社会保険労務士事務所代表、水本です。

労働時間の原則は1週40時間、1日8時間ですが、一定の規模、業種については特例的に1週44時間、1日8時間となっています。

まず、規模として、常時10人未満の労働者を使用している事業であることです。

その上で、次の業種が対象になっています。

①商業

小売り、卸売り、倉庫、理美容、駐車場、不動産管理、出版などの事業です。

②映画・演劇業

作品を見せる映画館、劇場のことです。作品を作る撮影や編集の事業ではありません。

③保健衛生業

診療所、老人ホーム、保育園、福祉施設、銭湯などのことです。

④接客娯楽業

飲食店、ホテル、パチンコ、ゴルフ場、遊園地などです。

なぜ、このような業種が1週44時間までOKなのかというと、営業時間が長くないと一般消費者にとって不便が大きいからです。また、規模で考えると、従業員が少ないと交替要員にも困るわけで、結局、1人当たり長い時間頑張ってもらわざるを得ないということです。

経営的に言えば、週44時間を超えてから割増賃金が発生することになりますから、人件費の負担は少し楽ですね。


投稿者 たつみ社会保険労務士事務所 水本智 | 記事URL

カレンダー

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
たつみ社会保険労務士事務所03-6317-8365