TOP > 事務所紹介

事務所紹介

「たつみ」の由来

江東区辰巳は創業の地です。しかし、それだけでは少々味気ありません。名前には想いを込めるのが日本人的でよいのではないかと思いました。

ということで、「タ-ツ-ミ」という日本語の音がどういう意味を持つ言葉に置き換えられるかを考えました。「タ-ツ-ミ」を「立つ身」ととれば、「自主自立自己責任」を心の合言葉にしている私の想いをその名に含み入れることができるのではないかと考えました。

「立つ身」すなわち「自立」は、不毛の土地にぽつねんと立ちすくむことではありません。そういうのは「孤立」です。
自立というのは、むしろ多くの人に支えられて初めて成り立つことなのだと思います。「人」という字が、1本の棒を別の1本が支えて成り立っているように、人として立つには支えが必要なのだと思うのです。

自分の自立を考えた時、それは、まず自分が人の支えになることが条件ではないかと思いました。正に社会保険労務士の仕事は経営者を支えることそのものです。
孤独に闘う経営者に寄り添い、共感することができるようになって、初めて私自身の自立というものが徐々に見えてくるのではないかと思っています。
人様のお役に「立つ身」になれ、という自分へのメッセージです。

水本智(みずもと・さとし)プロフィール

たつみの社労士、水本智(みずもと・さとし) 特定社会保険労務士(登録番号13110330号、東京都社会保険労務士会)。第一種衛生管理者。ファイナンシャル・プランナー(AFP)。
昭和38年生まれ、北海道室蘭市出身。小樽商科大学卒業。

北海道の産業ガスメーカーに就職し、主に冷凍食品の製造管理と輸入通関を含む物流を担当しました。
その後、派遣社員として就業しながら日本語教育を学び、教師として専門学校、日本語学校、大学などで教鞭を執りました。同時に、留学生の募集から入国手続き、カリキュラム作成、教員の手配まで学校運営全般に携わりました。
また、人材派遣会社で登録面接を担当していたり、医療系の靴を輸入販売する会社で、医学的見地から足と靴を学ぶセミナーの運営を担当していた時期もあります。

総じて、人を観察し、特長を見つけ、能力を活かし、育てるための仕事に長く関わってきたと自分では思っています。また、異業種を渡り歩いた経験財産として税関や入管など海外関連の行政手続や、食品・物流・人材派遣・医療・介護予防・学校教育などの業界について肌で感じるものを持つに至りました。
 

事務所案内

■事務所名称
たつみ社会保険労務士事務所

■代表
水本 智(みずもと さとし)
特定社会保険労務士 登録番号 第13110330号
東京都社会保険労務士会 会員番号 第1317367号

■設立
平成23年9月1日

■所在地
〒135-0053
東京都江東区辰巳1-6-2-604

■電話/ファクス
03-6317-8365
 

どんなお悩みでもお気軽にご相談下さい!

たつみ社会保険労務士事務所03-6457-0744